いのちの電話

いのちの電話を見かけるたびに 死にたい死にたいと思って亡くなる方もいれば ふと、消えたいと思って、衝動的に亡くなる方もいるよねと思ったり。 後者を繋ぎ止めることの難しさを考えさせられる。 学生時代消えた方が楽になれるって強く思ったこともあるか…

店頭販売のお知らせ

❁︎店頭販売のお知らせ❁︎ ありがたいことに大変ご好評頂いた東京じじのオリジナルグッズがギャラリー&カフェ樹々さん(@gallery_cafe_juju )さんにて引き続き店頭販売させていただくことになりました 作品集葉書4種マスキングテープ を置かせていただいてます…

いつか

いつどこでだれと最期になってもおかしくないと常に恐怖心があった10代。 それくらい発作がこわくて正式な病気が分かるまで本当に本当に不安でいっぱいでした いつか呼吸止まるんだろうかいつか目が見えなくなるんだろうかいつか耳が聞こえなくなるんだろう…

無事に。

東京じじの絵たち飯田裕美絵画展(いいだやすよし) 1か月間沢山のご来場有難うございました 私が20代くらいから東京じじに個展や展示してみたらどうですか?と顔色窺いながら聞いてみては、ことごとく却下されてました苦笑 沢山の人に見てもらいたい、、 そん…

誰かのきっかけに。

絵画展にリピーターさんが出来るとは ある方は三回もいらしてくれて毎回別のお友達さんを連れて来ては"私の友人たちに絵の説明してあげて"と話しかけてくださって 北海道新聞のさっぽろ10区に掲載させていただいたのを機に、60代〜80代の人生の先輩方がたく…

会場の様子

https://www.instagram.com/reel/CcXsHigpGv7/?igshid=YmMyMTA2M2Y= 絵画展に来られない方向けに Instagramで動画作りました 雰囲気だけでも楽しんで頂けたら 動画では伝わりきらない魅力がたくさんたくさんです 観に来て本当によかった。と嬉しいお言葉をい…

或る先輩の一生

祖父がかつてお世話になった先輩の話を聞いて、思い浮かべながら描いた作品。 戦争という激動の時代を経て、乗り越え、花束を持った笑顔がじんと胸を打つ。祖父が先輩を心から尊敬していたのが伝わります。 会場ではこの作品を前にしてしばらく見入るお客様…

絵画展始まりました

絵画展はまだ始まったばかりだというのに色んな方から温かい言葉を沢山沢山頂いてもう胸がいっぱいになって過呼吸になって、久しぶりに幸せ病発症。笑 幸せ病、なかなかしんどいんです。出来ることなら、みんなに分けたいくらい。 どうしようもなく全てが幸…

生きづらさ

生きづらさというのを数年前までピンと来ず。 どちらかと言うと"生きたい"と願っていた自分。 最近になって大人の発達障害なんだよねと相談されたりそうであろう同僚と何度か働いたり 大人の発達障害を抱えてる人と関わる機会が一気に増えました。 そのたび…

出来ないものは、出来ないでいい。

周りは出来るのに自分には出来ないこと。 それは恥ずかしいことでも、自分の努力が足りないとかではない。 得意、不得意は誰しも必ず人それぞれにあってどんなに頑張っても出来ないことがあったりするどんなに工夫してもできないこともあるどんなに努力して…

東京じじの絵たち

この度、 祖父が遺した絵を、ついに展示させていただくことになりました。 場所は、私が二度写真展を開催させていただき、大変お世話になったギャラリー&カフェ樹々さんです @gallery_cafe_juju https://instagram.com/gallery_cafe_juju もともと絵描きを目…

サウンド•オブ•メタル

Amazonプライムで、やっと見終わる。 サウンド•オブ•メタル 健常者からろう者へ、そして、人工内耳装着してからの音。 聞こえる世界から聞こえない世界、ろうの世界の信念もちゃんと描かれていたり。 一連の流れを、見る者が疑似体験できるように工夫されて…

なぜ、できないのか。

いろんな人の仕事の話を聞くたびに思う。 たとえば、 仕事ができない人 たとえば、 何度も聞き返す人 たとえば、 何度も忘れてしまう人 それらを、 "できない人"と決め付けてはいけないよなと。 幸い、私の周りにいる人たちは、 "なぜ、できないのか。" その…

同じくらい。

退職してから、早2ヶ月。 コロナが落ち着かない中で、 地元の懐かしい友人たちと会う機会が増えてます。 学生時代のときは発作ばかりで 中学も高校も 同級生と遊ぶことよりも 発作で寝込むことのほうが多くて。 身体のことを気にせず遊ぶということが叶わず…

初めてのハロワーク

先日、ようやく離職票が届き、 昨日生まれて初めてのハロワへ。 何度か転職しているにも関わらず、ハロワがどういうものか分かっておらず、FPの彼からたくさんご指導を受けるほど笑 障害者手帳を持っていると、通常の流れと全く違うみたいで、ハロワの窓口も…

短い時間でも。

今月に入って、 有給休暇を分散しながら過ごす日々。 あと8回しか出勤がないけれど、 やっとゆっくり行きたい場所に行ける喜びと、 ほぼ毎日笑いながら働かせて頂いた職場と離れる寂しさをひしひし。 緊急事態宣言の中でも しっかり気をつけながらも 身近な…

どうしても勝てないもの。

どうしても勝てないものは、勝てない。 病気や障害って、 どうしても勝てないんですよね。苦笑 勝とうとするから、辛くなる。 負けたくないと思うから、無理をしてしまう。 前向きに、寄り添いながら、 諦めずに、向き合っていくしかないもの。 そんな考えに…

さくら。

愛犬さくらが、先日息を引き取りました。 12年9ヶ月、本当にあっという間でした。 昨年の11月に震えるようになり一気に食欲低下し、 12月末に上あごに大きな腫瘍が見つかり。 年明けに、北大動物病院で、 首から、肺に、転移していて、 早くて余命1ヶ月、 …

オープンでいること。

基本、どこでも、オープンな性格の私。 秘密にしてほしい内容より、 聞いて欲しくて仕方ないどうでもいい話ばかりで、 色んな人にいつも聞いてもらってます。 いつもオチのない話を聞いてくださる皆様、本当にありがとう。笑 なぜ、そんなにオープンなの? …

時代が違えば。

精神科病院に40年 男性の訴えhttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6373260 介護職時代に、精神病院で薬漬け、電気ショック治療をされて、治療による後遺症まみれになった高齢の利用者さんが多数入所されている施設で働いたことがありました。 統合失調があった…

好きなものがある人は強い。

数々の職場でお世話になり、 たくさんの人と働かせていただいて、 いろんなことに気づかされ、学ばされました。 私自身、聴覚障害があり、 ”聞こえづらい”というハンディがあり、 耳を使う作業が不得意です。 人よりも、倍以上大変に感じたり。 でも、いろん…

高齢者ダンス。

近所に住む祖母”民ちゃん”(84歳)は、 少しずつ少しずつ認知症が進んできてます。 まだ身だしなみなどはできるけれど、 物忘れも激しく、 5分前の会話も覚えていなかったり。 でも、覚えていて欲しくない内容を覚えていたり。笑 だけれど、 認知症とは思え…

口話か、手話か。

聴覚障害を抱える上で、 同じ仲間たちとの交流も増えて行く。 その中で、必ずぶつかる議論が、 ”口話か手話か、どちらがいいのか” という話題。頭が痛くなる話題。 正直、苦手な議論です。 なにせ、もう白熱するし、 お互いの言い分はわかるけれど、どうも激…

夜の新しい習慣。

自粛期間の運動不足を改善しようと、 両親、時々彼と、毎晩屋内運動しています。 その効果もさることながら、 不眠症だった母もぐーすか寝られるようになり、 父も毎朝6時半にはすっきり起きられるようになり、 私も、自粛期間前より体力がついてきたような…

豊かに生きる。

仕事が休業になってから、早一ヶ月。 やりたいことがたくさんたくさんあったのですが、 なんだかんだ充実してしまい、5割しかできず。。。苦笑 新型肺炎でどうなるんだろうという不安も当初はあったけれど、 自宅または自宅近辺で楽しんでできることが山の…

香菜先生

台湾の友人たちから頂いた 大好きな台湾のお土産で部屋は溢れかえっており、 おかげさまで、 自粛中も台湾気分満喫で、楽しんでます。幸せ幸せ。笑 台湾のみんな、謝謝! 先日、台湾の友人から頂いた”香菜先生”という名の乾麺。 香菜とは、パクチーのことで…

明日は我が身。

三密どころか五密であろう職場の食堂にヒヤヒヤする毎日でしたが、 今日から当面の間、休業に。 パートの身分で休業補償など踏まえた上で、 経済面を考えると色々シビアだけれど、 まだ雇い止めにはなっていないことに感謝しなきゃと言い聞かせる。 職場でよ…

マスクの向こう側。

マスクをつけていることが、すっかり”当たり前”となった今。 聴覚にハンディがあるものにとっては、 マスクの向こう側がみえず、 頼りになる口の形がみれず、悪戦苦闘するばかり。 申し訳ないが、 こんな状況が、 学生時代のときではなくてよかった、、 大勢…

少しの辛抱。

新型肺炎に関するニュースが相次ぎ、 これからどうなるんだろうという漠然とした不安が強まる中、 批判や不満が積み重なり、気持ちが知らず知らずのうちに疲れていく。 もう、自分で自分の身を守って、 これまでと変わらず、 仕事に集中して、 衛生面や体調…

この先。

明日、 明後日、 来月、 再来月、 来年、 再来年、、 この先、どうなるかなんて、誰にもわからない。 明日も明後日も、 来年も再来年も、 私の耳が聞こえてるかもわからない。 元気に働いてるかもわからない。 病気を抱えているからこそ、 そう思うのではな…