少しの辛抱。

f:id:kurukurupanpan:20200403155323j:plain

 

新型肺炎に関するニュースが相次ぎ、

これからどうなるんだろうという漠然とした不安が強まる中、

批判や不満が積み重なり、気持ちが知らず知らずのうちに疲れていく。

 

もう、自分で自分の身を守って、

これまでと変わらず、

仕事に集中して、

衛生面や体調管理もしっかりして、

過ごしていこうと思うこの頃。

 

来年の春には、

みんなで一緒に集まって笑いあってることを楽しみにしよう。

 

この先。

f:id:kurukurupanpan:20200326215304j:plain

 

明日、

明後日、

来月、

再来月、

来年、

再来年、、

 

この先、どうなるかなんて、誰にもわからない。

 

明日も明後日も、

来年も再来年も、

私の耳が聞こえてるかもわからない。

 

元気に働いてるかもわからない。

 

病気を抱えているからこそ、

そう思うのではなく、

この先、どうなるかなんて、

誰にもわからないこと。

 

どうなるかわからないこの先について、

不安に駆られるばかりではなくて、

この先につながる”縁”や、

この先につながる”気持ち”、

気持ちの奥にある”言葉”を大事に大事にしたい。

 

その気持ちを秘めているだけでは誰にもわからない。

だからこそ、

きちんと言葉にして、

きちんと形にして、

目の前にいる人たちに伝えられたらなと強く思う。

 

嬉しい。という気持ちも、

ありがとう。という気持ちも、

辛いんだ。という気持ちも、

頑張ってやるぞー!という気持ちも、何もかも。

 

そして、

できれば、

前へ向きたくなるような、

心が穏やかになるような言葉を大事に。

 

そう毎日反省してばかりです。笑

 

こんなこと言っといて、

わたしは優しくもなくて、

心も広くなくて、

ただのめんどくさがりやな腹黒い性格だったりするのです。反省。。笑

私なりの言葉。

f:id:kurukurupanpan:20190317163615j:plain

 

写真展をきっかけに、

私を知った方が時々ブログを見ていると知り、

まめにブログを書かないとなぁと反省。

サボりすぎて、ごめんなさい。笑

 

 

twitterをやってみると、

聴覚障害を抱えながら社会で生きている人たちが、

ありとあらゆることをつぶやいていて、

時代は変わったんだなぁとしみじみ。

 

これだけ発信してる人がいるなら、

わたしが発信する必要性はないのかなと思ってしまったり。

 

でも、こんな気まぐれなブログに、

時々見に来てくれている人もいると知り、

情報に惑わされてはいけないなって痛感。

 

私だからこそ、綴れる言葉を、

私なりに、紡いでいけたらと改めて思う。

 

 

 

聴きたくても聴けなかった頃。


m-flo / been so long

 

youtubeにすっかりお世話になる日々。

自分の聴力に合う音楽、

耳が疲れない音楽ばかりを聴いてきたけれど、

最近は、昔、聴けなかった音楽を聴くようになり、胸がいっぱいになる。

 

たとえば、ラップやロックは、私の耳では聞けない音楽。

 

学生時代のときは、今のようにネットもなく、

好きなときに好きな音楽をみつけて聞ける時代でもなく、

ラジオやテレビの音楽番組をみて、いま流行りの音楽情報を吸収するのが普通でした。

 

当時の私は、学校という集団生活において、

聞き取りづらい耳で、みんなの声を聞き取ろうと駆使するあまり、

帰宅後は、耳に激痛が走り、補聴器を外して、ぐったりする日々。

 

聞こえるクラスメートたちは、その「普通」ができるわけで、

お昼時間や休憩時間に、音楽の話題になって盛り上がることもしょっちゅう。

 

そんな時間が、苦痛で仕方なかった当時のわたし。

 

知りたい音楽も、放送される時間にならないと聞けないし、

テレビ越しやラジオ越しの音楽は自分の耳では聞き取ることもできず、

音楽として聞けるジャンルが限られてしまったり、

かろうじてわかるのは言葉が聞き取りやすいKiroro槇原敬之などのバラードやフォークソング

 

でも、みんなとの話題には合わないのよね。笑

 

結局、わからないけど、わかるフリをして、適当に相槌をうつのみ。

 

時代は変わり、

好きなときに聞きたい音楽を見つけ出せる今。

しかも、歌詞が自動で出てくる動画も増えてきて。感涙

 

情報も容易く手に入る。

昔と違って、みんなとの会話の場で話題についていけなくても、

ネットで調べれば、流行りが何かをすぐに把握できる。

普通学校に通う難聴児にとって、かなり救われる部分もあるとおもう。

 

そんなことを思いながら、

昔、聴きたくても聴けなかったラップやロックを、

1日に10分だけ、味わい深く嗜んでます。笑

(10分以上音楽を聴くと、耳に負担がかかり、聴力低下してしまう変な耳のため。笑)

 

自分の学生時代、こんな曲達が流行ってたんだなぁ、

あのとき同級生が話していたのは、この曲のことだったのかなぁ、、

と感慨深くなる。

 

 

責任。

 

f:id:kurukurupanpan:20200211222536j:image

 

自分の想いを言葉に残すことが、めっきり減る。

頻繁に綴っていた20代前半が、ふと懐かしくなり、

それくらい、いまは元気になってきたのかなと感慨深くなる。

 

なにかに責任を持つことも増えてきて、

それがまた幸せでならない。

 

責任って、重いだけではないんだなぁって。

 

でも、

時によっては、

責任が"健全さ"蝕むことさえある。

大事なものを無くすことさえある。

 

その天秤が難しくなる。

 

ただ、

その責任は、

誰かを想ってこそ、

生み出されるものであると、

忘れずにしなきゃなって痛感させられる。

 

嫌な人や

頭に来る人に出会うたびに

この人にも、守りたい誰かがいて、

大切な人のために生きてるんだろうな

って思うと、

憎む気持ちが不思議と消える。

 

みんな、

きっとどこかでなんとなく、

大変な思いをしてきてるんだろうなあ。。って。

 

その気持ちを、大事にしまうのが、私なりの乗り越え方だったり。

 

きみいろの花

iTunesで、曲を紹介できるのを知り、
私事ですが、早速、紹介してみる。 

きみいろの花

きみいろの花

  • ポプラノオト
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

10年前まで書いていた

ともぴぃのニコニコ日記♪」というブログで

読者さんだったHitomiさんから、

「ともぴぃの言葉に曲をつけさせてほしい」
というお声をかけていただき、

全く会ったことがない中で、

メールや手紙などのやりとりを経て、

二人合わせて、”hanaakari”という名前で、

私の言葉に曲をつけてくれました。

 

 

それが、「きみいろの花」。

 

自分の言葉が、音楽によって奏でられていくことに、

すごく感激して感動したのを昨日のことのように覚えています。

もう10年以上前のことだとおもうと、もう懐かしい。。。

 

ひとりでも多くの人に聴いてもらえますように。

 

ほんと、Hitomiさんのエネルギッシュさや行動力には脱帽しきりです。

尊敬することもたくさんあり、そんな方に知り合えて、

本当に本当に幸せものだなぁと実感するばかり。

 

そんなHitomiさんは、現在も、

名古屋を中心に「ポプラノオト」として活動されています。

ぜひ、見てみてください♪

popuranooto.jimdofree.com

 

ありがとう。

f:id:kurukurupanpan:20191203171412j:plain

 

10月6日、
祖父が病床にて息を引き取りました。

入院してから、約4ヶ月。
飲み食いも一切できず、経管栄養で生きながらえる日々。
長い入院生活で認知症も進んだり、良くなったりの波があったり。
家族で協力しながら、なるべく祖父1人の時間を減らすべく、毎日昼過ぎから19時半までは誰か彼か交代しながら、びっちりいるようにしたり。そんな中で、祖父にたくさんの安心感を与えてくれたのは従弟で、感謝してもしてもしきれないほど。ありがとう。

 

最期の最期まで、祖父を通して学ばされた日々でした。
最期の最期に、家族が本当に大好きな祖父だったんだなと実感。 
葬儀も、両親の優しさが詰まっていて、母が祖父の絵をたくさん飾ろうと提案して、絵をいっぱい飾ったり。父の最期の挨拶には号泣。

祖父が愛した家族は、みんな優しくて、温かくて、そんな家族の一員であることに胸がいっぱい。

辛すぎる入院生活から解放されて、今ごろ行きたかった場所にたくさん遊びに行ってるんだろうなあ。

 

おじいちゃん、本当にありがとう。
ご苦労様でした。

 

祖父に会ったり、話し相手をしてくれた日本の友人をはじめ、沢山の海外の友人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。

いつか家族の誰かを介護する日が来るかもしれない思いから始めた介護職、ちゃんと祖父の役に立って、本当によかったなとしみじみ。

家族のみんなが、さくらが、あの家が大好きだよ。

と痩せ細った顔で力なく呟いた言葉、ずっとずっと忘れません。

 

 

休みのたびに、必ず病院に行くのが癖になっていたから、少し寂しい。
病院の方々も本当に温かい人たちばかりで、感謝の気持ちでいっぱいです。

拘束。

f:id:kurukurupanpan:20190722194246j:image

 

1ヶ月前に、

祖父が重度の肺炎で入院し、

人工呼吸器をつけて、なんとか復活。

 

幸い、一週間で自発呼吸ができるようになり、

嚥下機能が低下してるため、鼻からの栄養で乗り切る日々。

 

認知が少し低下し、鼻からのチューブがいずいため、抜いてしまうため、手袋をして、チューブを抜けないようにしている。

 

それでも、

 動けないようにさせられるのは、 

本人の自尊心に非常に傷が付く。

 

介護職時代に、

安全のために拘束が必要となる現場をたびたび目の当たりにしてきたけれど、

人手がないとはいえ、安全のためとはいえ、胸がキリキリ。

 

身内がとなると、より、より辛くなる。

 

先日、病室で二人きりになったときに、

 

辛い辛い辛すぎる

 

と涙をこぼした祖父。

 

 

辛い思いを少しでも減らすべく、

これ以上認知症が悪化しないように、

面会中は、手袋を外してもらえるため、

家族で交代しながら、毎日びっちりお見舞いをしたり。

 

お見舞いで手袋を外すたびに、拍手して喜ぶ祖父。笑

 

一日も早く、鼻からの栄養が取れて、口からご飯が食べられる日が来ますように。

 

そして、

どこかの国みたいに、拘束をせずに治療ができるようになる日がきますように。

 

伝えること。

友人から依頼を受けて、

近日、病気や障害を抱える高校生たちに、

病気を持ちながらも前向きに生きること&フィルム写真について

総合学習でお話しさせていただくことになりました。

 

高校生ということで、

自分の高校時代、どうだったかな、、、

と懐かしく思い出しながら、

昔の闘病ブログをみたりしながら、授業の準備。

 

高校生って、

健康な高校生でさえ、

漠然とした不安を抱えているわけで、

さらに、自分の病気や障害が重なると、

身近にいないがゆえに、

なんともいえない不安が強くあったり。

 

自分は社会で生きていけるんだろうか、

病気はどうなるんだろうかとか、いろいろ。

 

私自身も、

人並みに働ける日がくるんだろうか、、

身体は元気になるんだろうか、、、

そんな不安ばかり募ってました。

 

そんな中でも、

なんとか乗り切れたのは、

やはり、好きなものがあったことが大きいかも。

 

もちろん、家族や友人たちの支えも本当に本当に絶大で。

 

伝えたいことがありすぎて、

楽しみで仕方がありません。笑

 

 

とにかく、、

「好きなことをもつ」

「いろんなことに興味をもつ」

そして、

いずれ、それらが想像しない形で繋がっていくことを、

伝えられたらいいなぁ。

 

f:id:kurukurupanpan:20190424201342j:plain

 

 

戻りました。

wixブログで時折更新してましたが、

コメントが誰でもできる環境ではなかったため、

こちらに戻ることに。

 

少しずつ、

wixブログでの内容も、

こちらに移行しようと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。