補聴器用電池

幼い頃からずっとお世話になりっぱなしで

もはや身体の一部となる”補聴器”

 

デジタルになりいろんな機能が増えると

電池の消耗も激しくなり

電池交換をする間隔も狭くなり

どうしても出費がかさむもの。

 

5年ほど前まで

お世話になっている補聴器屋さんで定期的に購入していたが

通うのも大変、そして高い、、、

 

そんなときに

友人から楽天で買えるよ!と教えてもらい

楽天セールに合わせて購入しています笑

 

補聴器屋さんで販売してるのと同じタイプなので

本当におすすめです💗

 

 

意外と知らない方が多いので、、

⇩メモ情報⇩

電池を入れるときに

ラベルシールを剥がしてから30秒ほど置いて

補聴器にセットするべし!!!

 

なぜかというと

補聴器の電池は空気電池と呼ばれるもので

空気(酸素)に触れて発電するもの。

そのため、

ラベルシールを剥がして

空気電池の穴に酸素を送り込み電圧を安定させる必要があります。

剥がしてすぐにセットしてしまうと十分に性能が活かすことができません。

 

夏場は30秒ほど。

冬場は乾燥しやすいので、1分ほど。

 

使い終わった電池は

必ずセロハンテープを両面で貼り

市指定のゴミ分別方法に従い処理すること。

もとの身体に戻ろうとせずに。

f:id:kurukurupanpan:20220610124923j:image

 

30を過ぎると

病気になったんだ
鬱になって休職中なんだ
ガンになっちゃったの
難病になっちゃって
不妊治療中で身体がつらくて
事故にあってから身体が悪いんだ

という変化を話してくれる友人が
続々と増えてくる

みんな、
話しづらいことを
話してくれてありがとう🌱

10代20代は
身近に病気を持っている子がほんの一部しかいなかったのが

30代になると
ホルモンバランスの変化もあいまってか意外とたくさんいる
一気に増える
驚くと同時に、みんながむしゃらに頑張ってきたんだなって、心からハグしたくなる

私自身
持病は子どもの頃からの付き合い
すっごい元気だった頃なんて
小3くらいまでからか
もとの身体をあまり知らずにいる
ショックがあまりない
ショックより周りと違うのが辛かったかな

長い付き合いだからこそ
対策や緩和方法
病気との向き合い方や
適当に生きるコツを覚えて
へらへらな今の自分がいる笑

でも
20代まで
普通に学校行って
普通に働いて
もともと元気だった身体から
突然、病気を持つ身体になるのは精神的負担が大きい

とっても辛いこと🥲

なぜなら
もとの身体を知っているから
もとに戻りたいと願ってしまうから

でもね
もとの身体のときとは
身体の仕組みが大きく変わっているから
もとの身体に戻ろうとすると余計に身体が辛くなるだけ

前みたいにできなくなってもいい
できなくなった自分を責める必要はない

以前とはちがう身体でも
楽しめることや
できることが減ったとしても
選択肢は想像以上にあるよ

大丈夫
大丈夫
できる範囲で
楽しんでいこ

元気だった身体から
病を抱える身体になった
友人たちに
そう心から伝え
心からギュッとハグしたい

大丈夫
持病で色々大変だった私でさえ
適当に適当に楽しめてるから🕊

ちょっとずつ違うだけ。

f:id:kurukurupanpan:20220608221750j:image

"障害者の定義は当事者が生きづらい、不便を感じることらしいと本で見たんだよね"
と知人が教えてくれて
"障害者という括りってなに?"という話題に

ありがたいことに
よく言われるのが
"あ、◯◯ちゃん、障害者だったの忘れてた"
という言葉😂

私自身は
障害者というより
単純に
他の人より不便なことがあるという感覚が強い
あとはもう
健常者よりもバイタリティ溢れる性格の人間😇笑

定義の話になると
障害の種類やレベルによって色々変わってくる

当事者が受容して
工夫しながらも
できる範囲で
自分らしく生活できていたら
"障害者"というカテゴリではなく

一人の人間が
人よりできないことがある人

という存在に変わる🤔

障害者として生きると
障害者という意識も強くなる

欧米のように
耳が悪いだけなんだ〜
ダウン症なんだよね〜
手が不自由なんだよ〜
知的が弱くてね〜
という障害者だけど障害者らしくないニュアンスでいられる環境になれたらいいなぁと強く思う

アメリカやカナダだと
会社の窓口に
障害にある方が普通に受付していて良い意味でカルチャーショックを受けたほど。笑

環境によるバリアフリー
健常者側によるバリアフリー
障害者側によるバリアフリー
それぞれが少しでも進んでいってほしい🕊
お互いがお互いを知っていきやすい環境であれたら、また変わる気がするんだけどなぁ

みんな、おなじ人間で
ちょっとずつ色々ちがうだけ。

モノを大事に。

f:id:kurukurupanpan:20220526222659j:image

 

パンクしてるのに
誤魔化し誤魔化し乗っていた自転車をようやく修理。
実家近くの自転車屋さんは、もう創業20年以上ですって。
移転前の店舗には、模型飛行機が沢山ぶら下がっていて、強烈に覚えている。

 

10代から乗り続けてる私の自転車をみて

"国産の自転車なんて、もう殆どないからね。高い自転車にはまだ国産あるけど、一般的な自転車は全部中国産。日本の良い技術が廃れて悲しい。だから、大事に大事に乗ってね。"


と話されていて、びっくり。

自転車業界や、中小企業の危機、昨今の日本について、思いがけず熱く語り合ったり。

 

モノを大事にする。
それが全てだよ。

という店主さんの言葉に、じーん。

 

実家に眠ってる自転車があったら、きっと国産のはず。
みんなも、ぜひ自転車修理屋さんに行って、蘇らせてみて🚲

 

ちなみに
いつか買おうと思っていた電動自転車は、バッテリー交換したい頃には製造中止になり交換できないらしい、、家電あるあると同じなのか。。

せっかく良い自転車なのに、綺麗なまま使用できなくなるのは本当に悲しい、自転車がかわいそうで仕方ないと話す店主さんの優しさに、うるる。

中小企業を応援したい気持ちで、国産の部品を取り揃えてるらしい。素敵だなぁ。

 

改めて

モノを大事に。

無理ない範囲で

国産のものを意識しよう、と思いました。

いのちの電話

f:id:kurukurupanpan:20220524105444j:image

いのちの電話を見かけるたびに

死にたい死にたいと思って亡くなる方もいれば

ふと、消えたいと思って、衝動的に亡くなる方もいるよねと思ったり。

後者を繋ぎ止めることの難しさを考えさせられる。

学生時代
消えた方が楽になれるって強く思ったこともあるから、死のう。と思う人の気持ちも、ほんの少しだけわかる。気がする。

ふらっ、、と
消えようとする瞬間を。

でも
20歳になるまで
あんなに消えたいと思っていたのが
いまは楽しくて時間が足りないくらい幸せ

そんな今も
当時の私には想像できなかった未来

だからこそ
言いたい

もしかしたら
目を瞑り続けていたのは
自分自身だったのかもしれない

本当は
素敵なことも
素晴らしいことも
キュンとする場面も
たくさんたくさん溢れていて
それに気付かずにいるのかもしれないってこと

それらに気付いた瞬間
ふっと、楽になれる

自分を傷つけたり
人を大切にできない人のために
なにも自分を犠牲にする必要なんてない

思い切って削ぎ落として
自分らしくいられるように
自分が負担にならないように
どんどん選択してほしい

そうすれば
見えずにいた好きなことも
自分という存在や
素敵なこともたくさん気付けるようになれる、はず。

一度しかない人生
思いのままに楽しんでほしい

店頭販売のお知らせ

f:id:kurukurupanpan:20220524105651j:image

❁︎店頭販売のお知らせ❁︎

ありがたいことに
大変ご好評頂いた
東京じじのオリジナルグッズが
ギャラリー&カフェ樹々さん(@gallery_cafe_juju )さんにて
引き続き店頭販売させていただくことになりました😭

作品集
葉書4種
マスキングテープ

を置かせていただいてます🌿

カフェ店内も落ち着いており、身体に優しいメニューたくさんです‼︎
ぜひ、気軽にお越しくださいませ

𖡼.𖤣 𖥧 𖡼.𖤣 𖥧 𖡼.𖤣 𖥧

絵画展が終わって約1週間
まだまだ余韻が抜けきれず
不思議と
口コミで広がり
作品集のご注文が相次いで
増刷の嵐です🥹
本当にありがとうございます(涙)

いつか

いつどこでだれと
最期になってもおかしくない
と常に恐怖心があった10代。

それくらい発作がこわくて
正式な病気が分かるまで
本当に本当に不安でいっぱいでした

いつか呼吸止まるんだろうか
いつか目が見えなくなるんだろうか
いつか耳が聞こえなくなるんだろうか
いつかいつかいつか、、

正式な病気が分かってからは、病気との向き合い方に苦戦するばかりで、進級や進学の時期が本当に地獄でしかなく。

春が無性に憎かった頃もあったなぁって、懐かしくなる。

いつしか
発作の不安もなく
桜並木を
歩けるようになったのだと思うと
より一層特別な春に感じる

元気になってくれて、ありがとう

f:id:kurukurupanpan:20220524105914j:image

 

無事に。

f:id:kurukurupanpan:20220502225842j:image

東京じじの絵たち
飯田裕美絵画展
(いいだやすよし)

1か月間
沢山のご来場有難うございました🥲

私が20代くらいから
東京じじに
個展や展示してみたらどうですか?
と顔色窺いながら聞いてみては、ことごとく却下されてました苦笑

沢山の人に見てもらいたい、、

そんな淡い気持ちを長らく持ち、亡くなる前に祖父の許しを得て、ようやく沢山の人に見てもらうことができ、本当に感無量です🥹

展示をやると決めてから、不思議なくらいに亡くなったはずの祖父の存在感が増し増しで、祖父に見張られながら準備をしているような気持ちになることが度々。

沢山の方々から
おじいさま、絶対喜んでますよ
おじいちゃん、泣いて喜んでるよ

というお声も頂き、本当に救われる想いでした🥲

そして
何より嬉しかったのは
"素晴らしい作品ですね"
"次の展示はいつですか?"
という最大級のお言葉を
数え切れない方々から
たくさんたくさん頂けたこと。

そう言わせてしまう祖父の作品たちに、改めて祖父の技量の素晴らしさや魅力、想いの強さに気付かされました。

素晴らしいと言う言葉を
こんなに聞く展示も
なかなかないよなぁ、、と
驚きの連続でした😳

コロナ禍で
神経を使わなければいけない中
思い切って観に来て下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました😭

会場の樹々さん
スタッフの皆様には
毎日温かく見守ってくださり
本当に心強かったです🥲
大変お世話になりました‼︎

巡回展できたらいいなあ。。

人生の大先輩方が元気なうちに、
定期的に展示していきたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いします❁︎

 

東京じじ、
本当にお疲れ様でした。

誰かのきっかけに。

f:id:kurukurupanpan:20220427204724j:image

絵画展にリピーターさんが出来るとは😭

 

ある方は三回もいらしてくれて
毎回別のお友達さんを連れて来ては
"私の友人たちに絵の説明してあげて"
と話しかけてくださって🥹

北海道新聞のさっぽろ10区に掲載させていただいたのを機に、60代〜80代の人生の先輩方がたくさんいらしてくださって、感謝しかありません🕊

祖父の作品と
読者さんの年齢層が
見事にハマったんだなぁと嬉しい限りです🌸

皆さんそれぞれ
コロナ禍で
"久しぶりの外出なのよ"
って話される方も多く
併設されているカフェが空いていたらお茶もして下さり
"思い切って、絵画展観に来てよかった。おかげさまで、久しぶりにカフェでゆっくりできて幸せなひとときでした"
と本当に嬉しいお言葉を沢山頂く日々です

新聞をみて
外出控えていたのに
観に行こうと思わせた
東京じじ、本当にすごいなあ。。

沢山の方々の良いきっかけになり、本当にありがたいです。

人生の大先輩の方々が
元気なうちに
たくさん展示しなければ‼

 

#東京じじの絵たち

 

会場の様子

https://www.instagram.com/reel/CcXsHigpGv7/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

絵画展に来られない方向けに

Instagramで動画作りました

 

雰囲気だけでも楽しんで頂けたら🕊

 

動画では伝わりきらない魅力がたくさんたくさんです

 

観に来て本当によかった。
と嬉しいお言葉をいただく毎日です

遠くからのご来場
本当にありがとうございます🥲

 

#水彩画
#札幌アート
#granddaughters
#祖父
#東京じじの絵たち