いつか

いつどこでだれと
最期になってもおかしくない
と常に恐怖心があった10代。

それくらい発作がこわくて
正式な病気が分かるまで
本当に本当に不安でいっぱいでした

いつか呼吸止まるんだろうか
いつか目が見えなくなるんだろうか
いつか耳が聞こえなくなるんだろうか
いつかいつかいつか、、

正式な病気が分かってからは、病気との向き合い方に苦戦するばかりで、進級や進学の時期が本当に地獄でしかなく。

春が無性に憎かった頃もあったなぁって、懐かしくなる。

いつしか
発作の不安もなく
桜並木を
歩けるようになったのだと思うと
より一層特別な春に感じる

元気になってくれて、ありがとう

f:id:kurukurupanpan:20220524105914j:image