読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanaakari

日々の記録と記憶をてきとーに綴ります。 ええ、毎日幸せです。人生に恋してます。

新しい生き方。

同じ病気の仲間たちと話していると、もしかしたら明日には全く聞こえなくなっているかもしれない不安を抱えながらも表には出さずに日々を懸命に生きて、自分だけではないと心から救われる。
 
不安はないかと言ったら、少しは不安になる。
突然、バンと聞こなくなるたびに、「ああ。」と覚悟をする。
私がもし全く聞こえなくなったら、頑張って作り上げてきた発音も少しずつ少しずつ落ちてくる。手話も必須になってくる。いまいる友人たちとも家族ともスムーズに会話も難しくなるんだなって思うと、ううーんってなる。
 
でも、聞こえなくなるだけ。場合によっては発作が増えるかもしれないだけ。身体に負担をかけないように少し慎重になるだけ。
 
全てを失うわけではない。五体不満足になるわけではない。不幸になるわけではない。
聞こえなくなっても、私の笑顔は奪われるわけではない。
新しい生き方、新しいステージ、新しい出会いを、人よりも多く特別に与えてもらっているんだと思う。
 
そう思ったら、未来が楽しみになる。ある意味、ラッキーかもしれないと思う。
 
と同時に、
みんなの声を、音を、音楽を、
しっかりと脳に焼き付けるように大事に過ごそうって改めて痛感させられる。
 
今年もいろんな出会い、大事にしよう。

 

 

f:id:kurukurupanpan:20170211232239j:plain

ご無沙汰しています。

f:id:kurukurupanpan:20170211124254j:plain

 

最後の更新から、二年。
もっぱら、Instagramメインでやっておりました。

二年も経てば、状況も変わり、自分も周りも変わり、
色々と思うこと、考えることもたくさん。

 

でも、そのときそのとき感じたものはもう二度と感じられない感情なんだなって今になって痛感。

 

刃。

f:id:kurukurupanpan:20150125202431j:plain

 

言葉の刃って、自分が思う以上に恐ろしくてとてつもなく強力なものなんだなって感じさせられる毎日。

 

自分にまだ向けられるならいくらでも耐えられるけれど、

他人が言葉の刃を浴びてるのは、とてつもなく辛い。耐えられない。

言葉の刃が刺さったあとに何も埋めてあげられないのが歯がゆい。

 

言葉次第でどんな展開にも持っていけるからこそ、

言葉で悲しい顔をしてるのは本当に本当に辛い。


もっと言葉を大事にしよう。

 

あっという間。

f:id:kurukurupanpan:20141230003554j:plain

 

あっという間に始まって、

あっという間に終わった写真展。

あれは夢だったんじゃないかと思うほど。

毎日いろんな人がきてくれて、
毎日いろんな言葉をいただいて、
毎日いろんな涙が流れて、
毎日いろんな再会があって、
毎日毎日毎日幸せでした。

ありがとう。


人生に恋。

f:id:kurukurupanpan:20141012220651j:plain

 

人生に恋〜感謝の気持ちを込めて〜

期間 
2014年10月21日(火)〜11月23日(日)
営業時間
火〜金 11:00〜21:00
(ランチタイム 11:00〜15:00)
土・日・祝 11:00〜17:00(終日ランチメニュー、ラストオーダー16:30)
定休日 月曜日
※カフェでの展示となるため、1ドリンクオーダーお願いします
ギャラリー&カフェ樹々(じゅじゅ)
〒001−0035
札幌市北区北35条西4丁目1-1サトービル1F
駐車場 有(2台)
アクセス方法
最寄り駅 地下鉄南北線北34条駅 一番出口徒歩1分
北34条郵便局の並びにあります。


ーーーーーーー

幼少時に”難聴”と発覚してから、発音も言語能力も皆無な中で、親のスパルタ言語教育をはじめ、先生、友人、色んな方々のおかげで人並みに話せるようになり、無駄におしゃべりな性格になり、、笑


「前庭水管拡大症」という病のために、苦しめられたことも、諦めたことも、涙したことも、悔しいこともたくさんたくさんあったけれど、それでも、ずっと笑顔で温かく見守ってくれた皆様のおかげで、当たり前のことが少しずつできるようになり、”25歳にはフルタイムで働く”という夢がやっと叶うことができました。

 

ここまで来られたのも、こうして毎日働きに行けるのも、人生に恋できたのも、みんなのおかげです。ありがとう。

 

そんな感謝の気持ちを、これまでお世話になった沢山の方々にどうしてもお伝えしたく、写真展という場をお借りして開催させていただくことになりました。

 

完全な自己満足で、世間で言う写真展に比べたらお恥ずかしいくらいの未熟な写真たちですが、写真を通して、感謝の気持ちが伝わりますように、、、

 

気軽にお越し下さい^^

ステップ。

f:id:kurukurupanpan:20140425104812j:plain

 

人から「逃げ」「我慢足りない」と思われようが、

自分の意志があっての決断なのだから、

前を向いて、次のステップを踏もう。

 

逃げなんかじゃなくて、

自分を成長させるためのステップ。

 

 

 

介護。

結婚するまでに「介護」の資格を取得しようと考えていただけのことが、
気付いたら、介護学校に二週間通い詰め、資格を取得し、

母と同じ介護の道へ進んでいる自分。

 

介護に携わって、もうすぐ二ヶ月。

 

毎日、こんなにも考えさせられ、

毎日、四六時中笑顔で接し、

毎日、誰かを笑わせようと必死になること、

どれも初めてのことで、

こんなにも学ばされる職があったなんてとただただ驚かされてばかり。

 

本当に良いお勉強させて頂いてます。

 

 

時の流れに。

フィルム写真

f:id:kurukurupanpan:20131012215849j:plain

BRONICA S2

 

時の流れに逆らわず、

時の流れに呑まれずに、

時の流れに恐れずに、

時の流れに惑わされずに、

後ろや足下を時々みて振り返りながら、

前を向き、成長していきたい。