人生に恋

ペンドレッド症候群と仲良く。

障害は、個性ではなく、特徴ではなく、あなたのもの。

f:id:kurukurupanpan:20170813110104j:plain

 

ここ数年、

一人旅をしていく中で、

海外の方とお友達になる機会が一気に増えてきました。

 

そのたびに、

自分の聴覚障害のことを伝えるのですが、

彼らから返ってくる言葉に、いつも吃驚させられます。笑

 

「That's so funny!」
「Really?It's very fresh!!」
「Wow!very intersting!」

 

わたしが聴覚障害があることを知ると、
必ず、すごい笑顔で、この言葉たちと一緒に返ってくる。

日本じゃ考えられない反応。もう、ありえん。笑

 

でも、彼らのおかげで、
自分の中での価値観が一気に変わりました。

 

ある海外の友人に、
「日本ではそういう反応はされない。気を遣われることが多い。なぜ、そのように言えるの?」

と質問してみたら、
「あなたが聞こえないこと、補聴器をつけていること、聴覚障害があることは、個性でも特徴でもない。あなた自身だもの。耳が悪いことも全部含めて、あなただもの。それに、障害のある日本人と友達になるのは初めてだから、新鮮!嬉しい!」

「だって、あなたは笑顔。ずっと笑ってるでしょう。聞こえる人よりも幸せそうじゃないか。」

 

と満面の笑顔で言われる。笑笑

 

すべては自分次第で、自分の考え方次第なんだってことに気づかされる。

 

今までは、

どちらかというと、「障害」は「特徴」と捉えていました。

でも、そうではない。わたしの一部。

 

だから、

「障害」そのものに意識せずに、

自分の一部だからこそ、

自分らしく、明るく笑って生きればいいのだ。