人生に恋

ペンドレッド症候群と仲良く。

パノラマ

6日連勤を終えた安堵から、
見事にお耳の調子がくるくる〜狂い始めてます。
それだけ身体が頑張ってくれたということだから、
しっかりと休ませてあげよう。ありがとう、頑張ってくれて。

      • -

iPhoneでパノラマ撮影できるアプリがあったので撮ってみた。

ほほほほ〜う。
因みに、今朝、さくらのお散歩のときに撮ったもの。
久しぶりにグラウンドだけじゃなくて、雪山にも登ってきました。
両親が週末にさくらと山に登ってるので、さくらにしたらもうお手の物。笑
キツネ並みに、早い早い。さすが、犬!

人っ子いないところでの雪山散策は最高。

これを超える発散方法はないとおもうくらい笑

やっぱり、一生山から離れたくないww

  • -

雪山に登る時に、必ず補聴器を外すんだけど、
最高に、気持ちよくてほっとする。

補聴器をしないでいるときって、一番ほっとする。
といっても、ずーっと聞こえないのも嫌だけど。
仕方ないとはいえ、私の本来の”日常“は、音のない世界なんだなぁって。
普段、耳に直接スピーカーを入れて、
そこから自分の脳で言葉を判断しながら生活してるだけに、
“聞き取る”ことへの疲れも多少生じて来る。いや、かなり。

そんなときに、補聴器を外して、
音のスイッチを切ると、すごくすごくほっとしたり。
わかりやすく言ったら、素っ裸で出歩いてる感じ?あれ、違うかw

そんなことを思いつつも、
母や恩師が頑張って頑張って、
頭を抱えながらも、見守りながらも、
スパルタ並みに“音”を教えてくれた成果がここにある。
それがあるから、
こうして“きこえる世界”で生きることができるとおもうと、
母の思いをきちんと受け止めて、
母が活かしてくれた”聞こえない筈の耳“を最大限に活かそうって、改めて痛感させられる。


音って、すごいよねぇー。
それよりも、母の努力って凄いとおもう。本当に。


あんなに発音できなくて、
あんなに音が聞き取れなかった私を、
ここまでに成長させてくれたんだもの。