人生に恋

ペンドレッド症候群と仲良く。

離れてから、気付かされること。

写真屋さんでの仕事も辞めて、

撮影会にも参加しなくなり、

出掛けるときにカメラも持たなくなり、

 

“撮影をする”ということから、

離れてみて気付かされることが沢山。

 

良いことも悪いことも。

どっちかというと、恥ずかしいことがたくさんたくさん。

 

撮影をするときって、

ファインダーを通してレンズ越しの世界に夢中になってしまう。

ファインダーを覗いた瞬間、周りが見えなくなってしまうときがある。

 

カメラや写真と縁がない第三者からしてギョッとすることも、

気付かぬうちに多々やってしまったり。

 

たとえば、食事をする場所での撮影。

美味しいものを記憶に留めたいからと、

お店側に断りもなく、おどおどしながらこっそり撮影。

お店側からしたら、本当に不愉快な行為。

 

他にも、たくさん。

 

 自分の好きなもの、気に入ったものを、

気軽に誰でも撮影できるようになった今。

 

自分が気持ちよく撮影することだけじゃなく、

周りも気持ちよく対応できるよう心がけていきたい。

 

撮影していいですか?

のひと言で、

断られようと許可してもらおうと、

きっと何かがプラスになるはず。

 

あー気をつけよう。