人生に恋

ペンドレッド症候群と仲良く。

お決まりのパターン。


こんな風に、
電灯の光り具合が優しく写るのは、
フィルム独特の味なんだろうなぁ。。


**

今日はやばかった。
人生に恋してから、
一番、きつかった。
もちろん、
身体のほうで。笑


お店を出てから、
発作で苦しい涙がこぼれそうになって、
必死に必死に抑えて。


涙がこぼれたら、
発作が、一気に爆発しちゃうから。


涙がこぼれたら、
きっと、倒れてしまうから。


何度も何度も深呼吸して、
大丈夫、大丈夫、幸せなんだから。
と、落ち着かせて。


地下鉄の中は、
ずっと、自分との闘い。


真面目に大変なことになってるな・・・と思いながら、
目をつぶりながら、発作と闘ってたら、、、目の前に地元の先輩が。


「ともちゃん、、どしたの!??」


と慌てたように私の手を握りしめてくれて。


なんなんでしょうね。

いつも本当にしんどいときに、
いつも本当にきついときに限って、
必ず、地元仲間とたまたま遭遇して、
そんで、助けてもらってるんだよなぁ。


気持ち悪いくらいのタイミングで、
それも、すばらしいタイミングで来るのです。笑


だけど、人前では絶対に辛い顔も苦しい顔もみせないのが私♪(←うるさいw)


「人生に恋しすぎて疲れちゃってね〜。」

と笑いながら話してるうちに、

自分がいかに幸せなのかを改めて感じて、
そうしたら、どんどん元気になっちゃって。


ずっと地下鉄の中で、
先輩に惚気てきました。


そうしたら、先輩が、
「ともちゃんは、どんなに苦しくても、そうやって笑う。
 満面の笑顔で笑ってても、本当はめちゃめちゃ苦しいのに。
 心臓痛いんでしょ?苦しいんでしょ?だけど、本当に強いよね。」
と言い出して、泣き出すし。笑


だけど、本当、
先輩と話してたら、発作が落ち着きました。


なんなんでしょうね。
このお決まりのパターンは。

しかも、
バスの中でも別の地元仲間に遭遇しては助けてもらっちゃって。笑





あんね、
どんなに発作が辛くても、
どんなに心臓が痛くても、
どんなに全身が痛くても、 
幸せなんです。


なぜ?って、
発作と闘える自分がいるから。


それにね、
今日の発作はやばかったけれど、
先に失礼させてしまう形になったけれど、
本音を言えば、
もっと頑張らせてほしかったけれど、
もっと皆と一緒に頑張りたかったけれど、

だけどね、ここまで頑張れた自分がいることに、泣けてくるんだ。笑


ぐは。



結局、ありがとう。の言葉で、
胸がいっぱいいっぱいなのだ!!!




明日から、また頑張るさー♪




お兄ちゃんの就職祝いがあるから、
早くに帰ったのに、
発作がひどかったので、
就職祝いできなかった!!がびーん。。