人生に恋

ペンドレッド症候群と仲良く。

よかったね


夏の日にみた夜の小樽。
本当に楽しくて仕方なかった時間。

この頃、10時過ぎに帰宅することが増えてきた私。

本当は、門限10時迄だけれど、
それは、私の身体が持病のほうで、
9時ぐらい迄しか持たないからということで決めてた門限。

次の日も、元気に過ごす為に。

だけれど、
この頃、10時過ぎに帰宅することが増えて、

私が、帰宅する度に、

「今日も、元気に帰って来れたね。」
「本当に、体力付いてきたよね。よかった。」

と、家族は満面の笑顔で迎えてくれる。

前だったら、
「自分の身体をなんだとおもってるの!??」
と怒られては、たくさん心配させていたんだっけ。

どこかに出掛けていても、
毎時間、「身体大丈夫なの?」と連絡きていたっけ。


その笑顔をみるたびに、
「たくさんたくさん心配かけてきたんだな」
「あんなに身体が弱かった日々があってこそ、いまがあるんだな」
って、いろんな想いに駆られては、懐かしくなる。


おとうさん、おかあさん、おにいちゃん、
いっぱいいっぱい心配かけさせたね。そして、今でも心配かけさせてるけれど。。

いつも、ありがとう。

もっと、元気になってみせるから!